散歩気分でハイキング・長谷寺周辺 編

  • 2013.05.02 Thursday
  • 20:40

  
今年のGWは思いの他寒い毎日ですが、
晴れたお天気の日は、やっぱり戸外で過ごしたくなりますね。

4月29日(日)、ありがたいことにぽかぽか陽気に恵まれ、
長谷寺周辺を散歩気分でハイキングしてきました。

おみやげ一番乗り近鉄長谷寺駅で下車、賑わう参道を歩き始めます。
あれれ、早い!お土産購入一番乗りは中林さん。
山菜や椎茸、お餅に
そうめんと地元特産物を売るお店が狭い旧街道に並んでいて、なかなか前に進みません。
こういうのがお出かけの醍醐味。



長谷寺を横目にまず初瀬(はせ)ダムまでの登り道を歩きます。
こいのぼりの季節


山と山の間の狭いこの
初瀬地域は万葉の頃から「隠国(こもりく)の泊瀬(はつせ)小国」と歌われ
隠れ里として愛されてきたといいいます。

「泊瀬」が「長谷」となり、
そして現在では「初瀬」と
表記には変遷がありますが、長い年月、大切に守られてきた土地であることが伝わってきます。









                                                 

お弁当タイム
 
初瀬ダムに着いたら早速、お楽しみのお弁当タイムです。
荷物も軽くなるし、何より元気が出ます。
(お酒もちょっぴり登場)


昼食後はダムから長谷寺への道はおしゃべりしながらのんびりとした下り道です。
 日中気温が上がったので、行きに見た時は少しだった藤の花がさらに咲いたようで、山々に淡い紫色が広がっていました。


長谷寺へもいきました 
長谷寺はちょうど牡丹の季節で参詣の人でいっぱいです。
なかなかの上り下り道を経ての到着でホッとした表情を皆さんされていますね。


長〜階段状の回廊 

長谷寺境内も実は上り下りがあるのですが、こんな階段状の回廊が本堂まで続いていて、そこから左右に広がる牡丹やシャクナゲ、そして塔頭などが見られ、景色に飽きというものがありません。


つづら折りの階段を上がると本堂です。
清水寺のような舞台から初瀬の町を望むと、変わらず脈々と続いている何かが確かにそこに感じられます。







新緑が写る本堂


たくさんの参拝、そして行の人の足で磨かれた本堂の床には新緑が映り込んでいました。

長谷寺からは朝と同じ参道を通り長谷寺参りの人たちの疲れを癒し続けたという温泉に入って帰路につきました。

コースを当初の計画よりも短くしたのですが、思ったよりあった勾配にちょっと疲れた方もおられたかもしれませんが、新緑の休日を満喫したハイキングとなりました。

過去2年間に渡り、矢田丘陵、山の辺の道、大和三山(耳成山は未踏破)、そしてこの長谷寺を含む初瀬丘陵地域と奈良の小さな山々を歩いてきましたが、どの山も穏やかで気持ちの良いコースでした。
何よりも、どの道にも古(いにしえ)の営みが手に取るように感じる風景が広がっていて、歩くだけでなく、お気に入りの道が一つ一つ増えたのではないでしょうか。
夏の暑い時期はお休みしますが、秋もまだまだ奈良の道を散歩気分で歩きたいと思います。
ご一緒に歩きませんか?

               (小柳 記)

3月31日 散歩気分でハイキング

  • 2013.04.01 Monday
  • 15:08
 朝、出発前の京都では結構激しい雨ふりでハイキングには悩むお天気でしたが、お昼間は曇りの天気予報を信じて「決行!」です。

 今回散歩気分で歩いたのは奈良の東位置する山々の裾野を南北に伸びる「山の辺の道」です。
 この道は史実に現れる最古の官道で、古墳や、社寺、旧跡、そして何よりも現代においては貴重なのどかな風景を湛えた素敵な道なのです。
 昨年の4月に前半の天理から長岳寺までの約7.5kmを歩き、後半のコースはその後計画するも天候に恵まれず、1年を経てようやく実現にいたりました。
conv0065.jpg
 おかげさまで、スタートのJR柳本駅に着いた時には雨も上がっており、眼前には靄(もや)がたなびく山々がお出迎えしてくれました。

 桜の満開宣言も出ている奈良で、歩く道々で桜の花に目が奪われます。(花がなくとも大きな古墳時代の前方後円墳など見どころはたくさんの『歴史街道』なのですよ)
 conv0066.jpg

 雪柳やレンギョウ、ボケ、桃、そして道中にぽつぽつ点在する家々もこの景色を愛しておられるのでしょう、とてもきれいにしておられ歩く皆さんの心はどんどんのどかになっていくのでした。
conv0069.jpg

 
 桜の木が立ち並ぶ少し高台。大和平野が広がる場所でお弁当を広げてしばしお花見。
conv0068.jpg

 山の斜面やちょっとした平地には果樹園や畑がたくさんあり、無人販売所が次々現れます。
 販売台には晩柑類や野菜、花などが並んでいて皆さん興味津々。重さには目をつぶって一つ、二つと道中お買い物にも忙しい。
conv0070.jpg

 今回のコースは約6キロなので、時間的にも余裕があり、そんな調子でゆっくりゆっくりのペースで歩いていますと、行きの電車で同じ車両に乗っておられた外国人の20人くらいの団体さんが私たちを抜かしていかれました。
 大野さんのお嬢さんが声掛けしてくださって、歩きながら少しおしゃべりをたのしみました。

conv0071.jpg皆さん日本を旅行中で、新幹線から見た冠雪を抱いた富士山のきれいさや、ハイキングを楽しんでいるなどお話が聞けて、そんなひと時の交流がいい思い出になりました。





桧原神社で私たちが先行、その後三輪大社までにまた追いつかれ、みなさん「サヨナラー」と先に行かれました。




conv0072.jpg

 
ゴールの三輪大社からほど近い展望台に上がるとそこからは大和平野、遠くに二上山などの葛城山系が。
 桜の後ろにどーんとあるのが三輪神社のご神体の三輪山です。

conv0067.jpg

 久しぶりに歩いた方、こんな距離を歩いたのは学生時代以降初めてという方もいらっしゃいましたが、皆さんケガもなくコースも踏破、お疲れ様でした。

 ★大野さんからは早速うれしいお便りもいただきました。

『昨日は最高の桜日和!

なんか懐かしい、気持ちが穏やかになる、良い道でしたねぇ〜

岸本さんのバワー

小竹さんの優しさ

池上さんの人生初の17000越えの歩行数etc

いっぱい元気をもらいました大大満満足』


 次回は4月29日(月・祝)、奈良の長谷寺方面を歩く予定です。
 詳しいコースは掲示板にて紹介していますので、興味のある方はご覧いただき、ぜひご参加ください。

               (小柳 記)

 
 

お散歩気分でハイキング

  • 2012.06.11 Monday
  • 10:10


 梅雨に入ったばかりですが、幸運にも回復傾向にあるお天気に恵まれて、「まほろばの奈良(素晴らしい奈良の意味)」めぐり、第3弾に出かけることが出来ました。

 今回のコースは近鉄・橿原神宮前から橿原神宮を経て
大和三山を廻りましょうというコースです。

 のんびりした駅前を珍しい埴輪を売っているお店などを眺めながら橿原神宮へ。

 conv0031.jpg

加地さんと伊佐さんがサイズを計ってくださっているのは、参道の大鳥居。大人二人でも手は回りません!杉の大木で作られているそうです。

conv0032.jpg

手水舎から少し行ったところにある深田池ではちょうど、蓮とあやめが咲いていて、歩く前に観賞タイムを楽しみました。

conv0033.jpg 
明治23年に宮址に作られたという大きな本殿、そして広々とした境内に見惚れながら歩みを進めます。 

本殿越しには登る予定の畝傍山がそびえています。

conv0034.jpg

標高199mの畝傍山を歩いています。山を周回するように伸びる道は、整備されていて、地元の方もたくさん歩いておられました。

頂上で早速ランチです。嬉しくて写真を撮るのを忘れました。

conv0035.jpg
野あざみが咲いていました。

畝傍山からの下りの道を小柳が間違えてしまい、だんだん細いわ、急やわ、落ち葉の量が半端じゃないわとワイルドな道を降りてもらうことになってしまいましたが、身体バランスの良さを駆使して無事下山できました。


次は2つ目の山、香具山です。

香具山に登る前に牧場直営のお店で牛乳やソフトクリームで一息ついて。

conv0037.jpg

conv0038.jpg


conv0039.jpg

天香具山から下山、ふもとには天香具山神社が鎮座していました。

conv0040.jpg

山の中もとっても気持ちよかったのですが、奈良ではこのくらいの時期に田植えをされるようで、あちらこちらの田には水がたっぷりはられ、そして晴れ間の内にと田植え風景が見られました。
conv0043.jpg

conv0041.jpg

conv0042.jpg

他の都市では考えられないようなただただ礎石や野原だけが広がる藤原宮跡にて。
田んぼを超えて吹く風がとってもきもちよく、しばし憩いの時間。

conv0045.jpg

 今日は大和三山の内のふたつの山に登り、藤原宮跡まで歩いてあとは八木西口まで歩いて終了となりました。

 夏の暑い間はしばらくお休み、秋にはひとつ登り残した耳成山を登り、この気持のよい藤原宮でゆっくり食事?(宴会)をしませんか?という計画も浮上しています。

 初夏の日曜日、心地よい疲れとさわやかな風を満喫するハイキングでした。

                      (小柳 記)

春爛漫・はんなりと着物でお出かけ

  • 2012.04.18 Wednesday
  • 11:45


 春爛漫とは、今日のためにあるような表現です。

 そよそよ吹く東風に満開に咲き誇っている海棠桜の花びらがテラスで踊っています。

花盛り


 今日は「はんなりと着物でおでかけ」で石塀小路の「イルピンパンテ」イタリア料理のお店にお出かけの日です。


 着物でお出かけの場合、お天気の心配が付きものですが、今日は安心です。
 春らしい装いがきらきらした陽射しに映えます。



成田さんの着付け教室

 朝から「成田さんの着付け教室」で帯の結び方やおはしょりのコツなどを練習された方も、着物姿を整えて集まられました。


 普段と違う着物姿で集まられると、自然とおしゃべりの内容も着物まわりのことに。

 「最近着物を来て散策している若い人が増えましたね」から始まり、舞妓さんに変身?の話、帯のちょっとした修理のお話、単衣や袷の時期が昔と比べて変化してきている話などなど、尽きません。

 でも、最終的には自分自身が楽しんで好きなようにしたらいいのでは話に。
 そんな「自由な感じ」にみなさんが捉えておられるのが、気負わず、スッキリと着こなしておられる要因かな?と思いました。

 皆さん勢ぞろいして、花盛りのテラスで一枚・パチリ。
お出かけ前に

 素敵なお着物姿でお出かけされました。

                          (小柳 記)

本当に「散歩気分でハイキング」

  • 2012.04.02 Monday
  • 16:36


4月に入りましたが、まだ寒さが居座っています。
京都よりも南である奈良ならば少しは桜も見られるかも!と
ハイキングに出かけましたが、さてさて…?


今回の「散歩気分でハイキング」のコースは「山の辺の道」です。
全長は長いのですが、天理から三輪までの山に沿い伸びる緩やかな道を歩く予定。


電車に乗りましたが、せっかくのお出かけです。
寄り道がお好きな?メンバーさんがスッとスタート地点に立つ訳はありません。

conv0257.jpg近鉄に乗車、大和西大寺で乗り換えの合間に、加地さんがさりげなく買ってきてくださったデニッシュパンを10時のおやつに皆でパクリ。
まずは西大寺名物?をお腹に納めました。








conv0258.jpg
天理駅で下車、長ーいアーケードを超え、山に向かって歩き出します。

















山の辺の道の起点にした「石上(いそのかみ)神宮」は飛鳥時代、物部氏の氏神でもあったという古式ゆかしい神社で、境内には神様のお使いでもあるニワトリが悠々自適に過ごしていました。

conv0259.jpg



頭上に尾長鳥が!

尾長鶏(長鳴鶏・ながなきどりの一種の東天紅・とうてんこ・高知県産・天然記念物)は、夜間イタチなどから逃れる術として樹に低い枝から飛び乗っていくそうで、まさしく樹に鶏が鈴なりでした。
(烏骨鶏などは登れないので、鶏舎で過ごすそうです)










conv0260.jpg

森の横を抜け、溜池や小さな集落を超え、歩いていくと梅の花が。
とっても良い香りが辺りに漂います。









午後からは晴れてくるという天気予報でしたが、山沿いのせいか晴れたり時雨たり。
荷物を軽くするべく、早々にランチタイムとしました。

conv0261.jpg

美味しいお酒(重さがあるのに中林さんが持ってきてくださった)やおつまみ、おかず(春!菜の花の辛子和え)が回ってきたりして、少々風があるのもなんのその、楽しいお弁当タイムです。

conv0262.jpg
        
         ↑ お酒かな?


conv0263.jpg  デザートの桜餅

加地さんが朝から作り持ってきてくださったのが「さ・く・ら・も・ち」
デザートにいただきました。

ごちそうさまでした。

食後は仕切り直して、のんびりした景色とおしゃべりを楽しみながらゆっくりゆっくり、歩きます。
菜の花が広がったり

菜の花畑が現れたり…


conv0267.jpg

満開の桃や鮮やかな黄色のレンギョウの花が、曇り空の下ながらも春の伸びやかさを伝えてくれたり…。


conv0268.jpgこんな趣ある石畳の道も。

途中、何度となく現れる無人販売所で手に入れた、おみかんやハッサクを食べ歩き、ちょっぴり童心に戻った気分です。

conv0266.jpg

たくさん見かけた剪定が活き届いた低い木を、梅かな?でも花が無いと実はならないし…などハッキリしないまま歩いていましたが、大野さんが取り入れ忘れ?のすっかり干からびた柿の実を発見してくださり、これらが「柿の木」であることが分かり、みんなスッキリ。
きっと秋になると、たわわに実をつけた柿の木がこの辺りに広がり、豊饒の景色となるのでしょう。
素敵な「日本の原風景」が残っていて、楽しいハイキングでした。


残念ながら、時雨が止まず天候の回復も難しいので、今回は予定の行程の5/3で切り上ることにしました。
(今回のコースとほぼ並行してJRが走っており、ショートカットができ幸運でした)

conv0270.jpg  JR柳本駅舎
 小さなJRの駅・柳本駅 

小さな駅舎でトレイルセンターで教えていただいた時刻の電車を待ち、帰路に着きました。



「懐かしい景色を見ながらゆっくりと歩を進め良い時間を過ごす事ができました。
歩きながらの会話も殊の外楽しいものでした。」
東さんからメールが届きました。

次回は今回残った行程と大和三山・天香久山(あまのかぐやま)、畝傍山(うねびやま)、耳成山(みみなしやま)を行くコースを考えています。

ご一緒に「奈良はまほろば」を実感しに歩きに出かけませんか?
                   (小柳 記)


















楽しいお出かけ・水尾・柚子風呂鶏すきツアー

  • 2012.02.21 Tuesday
  • 17:04

 
朝、外を見ると一面雪に覆われているのにビックリされた方も
多かったであろう、2月18日土曜日。
雪のテラス



アーズローカスでも近年まれにみる
積雪に雪かきに追われました。

(午前8時過ぎ、
雪の厚みは
15センチくらいありました)






この日は飯尾さんが呼びかけてくださった水尾へ柚子風呂と鶏すきを楽しみに行きませんか?というイベントがある日です。
足元が厳しい(市内よりも積雪量が多いことでしょう)こともあり、保津峡から徒歩にて水尾へハイキングがてら行くコースは止めて、送迎バスでお願いするコースのみとなりました。
実はこのハイキングコースについては、前回(2年前)の時も前日に雪が降り、保津峡からの徒歩ハイキングは中止にしたいきさつがあり、今回は?と思っていたところだったので、雪によほど縁が深
いとみんなで後で笑い合ったのでした。
 
  水尾・柚子風呂へ

道路よりも少し高台にあるお宅(水尾の集落では秋から冬にかけて個人宅で柚子風呂と鶏すきを提供して頂けるように組合があるのです)への道を登って行って。

水尾・柚子風呂と鶏すき

綿帽子のような雪とその下の生垣の緑と南天の実の朱とのコントラストがとってもきれいです。

雪帽子をかぶった南天


谷合の水尾は高い所に上がると正面に雪景色の山々が迫ってきます。
澄んだ冷たい空気で冷え切った身体をまず、柚子風呂で温めて、あとは地鶏とお肉のすき焼きでポカポカの冬のとっておきの遠足となりました。

比較的、JRや送迎バスを利用すれば、楽に行ける場所でありながら、こんなに鄙びた風景の中で休日を楽しめるなんて良いですね。


飯尾さん曰く
「歩いて行けばより一層人里離れた気持ちになるのですが」
(歩いて3時間、電車で1駅約5分)
ハイキングコースへのリベンジは先に持ち越されそうです。

                           (小柳 記)
※水尾の写真は飯尾さんよりお借りしました








丹波篠山へ・牡丹鍋バスツアー

  • 2012.01.24 Tuesday
  • 14:42

お天気にも恵まれた日曜日。
AL会員の太田さん、水原さんの呼びかけで、丹波篠山・牡丹鍋バスツアー
が催されました。

吐く息が真っ白になる朝9:00前。
続々と参加者の皆さんがALの前に集合されます。


全員が揃った頃に、貸切バス・アーズローカス号が到着!大きい!!


それもそのはず、牡丹鍋ツアーの参加者はなんと33人です☆


さぁ、いよいよ出発です! 新聞読んでたら酔っちゃいますよー(笑
皆さん、いってらっしゃ〜い(^0^)/^


快調に走るバスの中では、下原さん持参の日本酒も早々に空になった
そうです(笑


まず最初に到着したのは篠山の鳳鳴酒造。(⇒
詳しくはこちら
このほろ酔い地下蔵は国の有形文化財に指定されていて、江戸時代から
使われていた酒造設備や道具を見学できるそう。



お土産もここで購入しました。

手に手に戦利品を携えて…そろそろお腹がすいてきましたね〜



鳳鳴酒造から15分。
皆さんお待ちかね、次は今回のメイン・牡丹鍋をいただける「丹波篠山
囲炉裏料理 いわや」さんへ。

地元・篠山でしか味わえない、新鮮な若い雌猪のお肉が自慢のお店。





皆でお鍋を囲んで「はい、チーズ☆」

煮えるのを待つ時間も楽しいですね(^^)

「そろそろいけるかな?」
美味しそうっ☆☆


いわやさんの前でパチリ。


美味しい牡丹鍋でお腹を満たした後は、篠山城大書院⇒武家屋敷・安間家
資料館⇒青山歴史村のコースで、篠山の歴史探索へ。

篠山城
立派な石垣の間を抜け、


城内を説明を聞きながら見学。
大書院は一度焼失し、平成12年に復元再建されたということで、中は
とてもきれいですね。


続いて行った武家屋敷・安間家の水琴窟に耳をすませる宇野さんと
水を注いでくれている下原さん。
「聞こえてますかー?」



そして最後は青山歴史村を、辻さんの先導で見学しました(^^)



今回とても内容の濃いバスツアーになったようですね(^^)
牡丹鍋ツアーのさらに詳しい内容は、参加された中井さんと宇野さんの
ブログでもご覧ください☆(⇒名前をクリック!)

他の皆さんの感想も是非お聞かせ下さいね(^0^)/


(もとや 記)

新緑ハイキング

  • 2011.06.21 Tuesday
  • 16:08
 19日の日曜日、新緑ハイキングへお出かけするイベントがありました。
里山を歩き、その後バーベキューガーデンでパーティを楽しむという、
何ともアーズローカスらしい、楽しく美味しい催しです。

コースは・・・
源光庵 ⇒ 京都ゴルフ船山コース横断 ⇒ 京見峠
⇒ 長坂道(京の七口) ⇒ 原谷 ⇒ 御室88ヶ所(52番〜)
⇒ 御室仁和寺 ⇒  宇多野ユースホステル


心配していた雨も、帰る間際にばらついた位だったそうで、
さすが皆さん日頃の行いのおかげですね!


 


 ↑ お写真とともに送ってくださったメールには・・・

 「 しっかり歩いた後のビールの美味しかった事!
   めっちゃ盛り上がりました(^-^)b  」

とのことです。
参加された別の会員さんからも、歩いたあとのビールは美味しかった!とうかがい、
私まで楽しい気持ちにさせてもらいました♪


                                            たいら記

続・湯めぐりウォーキング

  • 2011.06.16 Thursday
  • 18:39


昨日お届けした湯めぐりウォーキングについて薗口頼之さんが、
写真を交えて報告してくださいました。


京都駅で集合し、当日のコースなどのレジュメをもらってミーティング
京都駅0番ホーム



JR甲西駅で降りて、とりつきの道をみんなで歩き始めます。
みんなで歩き出しました


坂道ももうそこでおしまい。
一歩一歩踏みしめて上がってこられた感じがします。
坂道を上がって

山中の休憩所では少しティーブレイク。
この日の昼食が少し遅めになる予定で、伊佐さんがパンのロール巻きを作って来てくださり、
食べやすくて、おなかも落ち着いてみなさん大感激だったそうです。
ワインも少し登場したり…。

山中でティーブレイク



岩根山山頂は気持ちの良いパノラマの風景が広がっています。
遠くには琵琶湖も見えます。
岩根山山頂


下山後は十二坊温泉にて待望の昼食。
十二坊温泉ゆららでの豪華昼食


今日もいろんな感想をお聞きしました。
・お天気が良くて何より。
・久しぶりに頂上に上がったと満足感いっぱい!
・最後が温泉なのがサイコー
などなど。

伊佐さん、楽しい企画ありがとうございました。
                 (Fujiwara 記)

湯めぐりウォーキング

  • 2011.06.15 Wednesday
  • 15:16
 今日は伊佐さんが企画してくださった「湯めぐりウォーキング」デーです。

蒸し暑いのが少々気になる頃ですが、
この季節ならではの草花や眼前に広がる景色、そして深呼吸したくなるような空気、
自然の中に出かける楽しみを存分に味わった後は、「温泉」にゴールイン。

という、なんと楽しい企画でしょう。
総勢11名参加(内男性4人)で、にぎやかな道中であることは必須です。

今日のコースは
JR甲西駅を起点に岩根山を経て、「十二坊温泉 ゆらら」 がゴールです。


山中から実況メールが届きました。

「おはよう。歩きながら野イチゴ・見つけました。いいお天気」 by 伊佐

            たわわに実った 野イチゴ
   モミジイチゴ・野イチゴ 

 今頃はきっとのんびり湯けむりの中で、のんびりとカラダを伸ばしておられるころでしょう。
 詳しくはまた、後日お話を伺ってお届けします。      (Fujiwara 記)

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM