散歩気分でハイキング・長谷寺周辺 編

  • 2013.05.02 Thursday
  • 20:40

  
今年のGWは思いの他寒い毎日ですが、
晴れたお天気の日は、やっぱり戸外で過ごしたくなりますね。

4月29日(日)、ありがたいことにぽかぽか陽気に恵まれ、
長谷寺周辺を散歩気分でハイキングしてきました。

おみやげ一番乗り近鉄長谷寺駅で下車、賑わう参道を歩き始めます。
あれれ、早い!お土産購入一番乗りは中林さん。
山菜や椎茸、お餅に
そうめんと地元特産物を売るお店が狭い旧街道に並んでいて、なかなか前に進みません。
こういうのがお出かけの醍醐味。



長谷寺を横目にまず初瀬(はせ)ダムまでの登り道を歩きます。
こいのぼりの季節


山と山の間の狭いこの
初瀬地域は万葉の頃から「隠国(こもりく)の泊瀬(はつせ)小国」と歌われ
隠れ里として愛されてきたといいいます。

「泊瀬」が「長谷」となり、
そして現在では「初瀬」と
表記には変遷がありますが、長い年月、大切に守られてきた土地であることが伝わってきます。









                                                 

お弁当タイム
 
初瀬ダムに着いたら早速、お楽しみのお弁当タイムです。
荷物も軽くなるし、何より元気が出ます。
(お酒もちょっぴり登場)


昼食後はダムから長谷寺への道はおしゃべりしながらのんびりとした下り道です。
 日中気温が上がったので、行きに見た時は少しだった藤の花がさらに咲いたようで、山々に淡い紫色が広がっていました。


長谷寺へもいきました 
長谷寺はちょうど牡丹の季節で参詣の人でいっぱいです。
なかなかの上り下り道を経ての到着でホッとした表情を皆さんされていますね。


長〜階段状の回廊 

長谷寺境内も実は上り下りがあるのですが、こんな階段状の回廊が本堂まで続いていて、そこから左右に広がる牡丹やシャクナゲ、そして塔頭などが見られ、景色に飽きというものがありません。


つづら折りの階段を上がると本堂です。
清水寺のような舞台から初瀬の町を望むと、変わらず脈々と続いている何かが確かにそこに感じられます。







新緑が写る本堂


たくさんの参拝、そして行の人の足で磨かれた本堂の床には新緑が映り込んでいました。

長谷寺からは朝と同じ参道を通り長谷寺参りの人たちの疲れを癒し続けたという温泉に入って帰路につきました。

コースを当初の計画よりも短くしたのですが、思ったよりあった勾配にちょっと疲れた方もおられたかもしれませんが、新緑の休日を満喫したハイキングとなりました。

過去2年間に渡り、矢田丘陵、山の辺の道、大和三山(耳成山は未踏破)、そしてこの長谷寺を含む初瀬丘陵地域と奈良の小さな山々を歩いてきましたが、どの山も穏やかで気持ちの良いコースでした。
何よりも、どの道にも古(いにしえ)の営みが手に取るように感じる風景が広がっていて、歩くだけでなく、お気に入りの道が一つ一つ増えたのではないでしょうか。
夏の暑い時期はお休みしますが、秋もまだまだ奈良の道を散歩気分で歩きたいと思います。
ご一緒に歩きませんか?

               (小柳 記)

宮城さんのスイーツ

  • 2013.04.26 Friday
  • 14:46

宮城さんのスイーツ教室が2日間にわたって開催されました!
今回はシュークリームを教えてくださいます
パータシューという、少し皮が固めのシュークリームだそうです☆



 まずはレクチャーから。。。
 
大きなシュー皮ですね!

 
                混ぜて混ぜて!

        こんな感じにね!

   
       オーブンに入れて皆さんで見守ります。。。

         焼けましたぁ!
 

    たっぷりのクリームと果物をはさんで出来上がり
    


 

              

生地の加減やクリーム作りのポイントなど、さすが先生!と唸るポイントがたくさんありました。
お教室で習ったこの感覚を覚えている間に復習していくといいんですよね。
繰り返し作っていかないと☆と、以前宮城さんがおっしゃっていましたよ!
次回は6月を予定しています。
これまで参加されたことのない方も是非一度お越しください♪

萌黄祭

  • 2013.04.21 Sunday
  • 17:18
どんなパーティ?と聞かれる方もちらほらあった、萌黄祭。
昨秋に好評を博した収穫祭、旬のおいしい食べ物と共に楽しい時間をご一緒できる機会を、ということで春に『萌黄祭』としてご案内しました。
これは下鴨基金幹事会発案のパーティで、準備は食材の調達、下準備、調理とすべて幹事さんたちがしてくださいました。

春の食材と聞いてまず浮かぶのが…
筍!
今回は西山・大原野のたけのこを準備くださいました。
conv0112.jpg

前日の朝に届き、さっそくあく抜きをスタート。

conv0113.jpg立派な筍が9本。
大まかに剥いた皮もなかなかの量です。

元の形のようにまとめて捨てるとかさ張らないのよ、という宇野さんのアドバイスに納得。

この捨てる皮、後程、生きてきます。



conv0114.jpg用意した大なべ2つにいっぱいの筍。これが今回の主役です。















筍を湯がいている間にデザートの準備も。
デザート

簡単に作れるようにアレンジしてくださっているとはいえど、40人オーバーのデザート作りは大変ですね。
あと、もう一品下ごしらえをして前日の作業は完了!

さて、当日は朝から仕入れ、そして幹事さん達が14時ごろから
続々と集まってくださり、お料理開始です。
立派なウド、たくさんの山椒、前日にあく抜きした筍を宇野さんの指令の元、4時過ぎの休憩まで途切れることなく作業は続きます。
conv0116.jpg conv0115.jpg

conv0117.jpg conv0118.jpg

木の芽あえの準備は人海作戦。
一枚一枚山椒の葉を数えて、ちぎって、すりつぶして、青味用に青菜のペーストを作って、とお手間いりです。
辺りは山椒のスパイシーな香りでいっぱいでした。

一気に春のおもてなし料理が整っていきました。


来られた方をお出迎えするのは
筍と木の芽。
実はこの筍、皮だけなんです!

そして、宇野さんリクエストで作
られたメニュー立ては加地さん
お手製です☆
   
今日の萌黄祭は満員御礼!
たくさんの方が参加してくださいました。


始めに、萌黄祭を
企画、準備してくだ
さった幹事さん達
からご挨拶。






代表幹事・飯尾さんの音頭で「「かんぱー〜い☆」」


今回の萌黄祭は『収穫祭・春バージョン』ということで、筍や鯛、
木の芽、ウド、菜の花、桜エビ等々…
春が旬の食材をふんだんに使ったお料理をたくさん用意してくだ
さいました!
  
 ❀筍づくねとエビの串      ❀桜鯛のカルパッチョ風
 ❀筍と独活の木の芽あえ
  
❀厚揚げの春野菜あんかけ    ❀筍と牛肉のたいたん
❀筍ご飯
   
  ❀桜エビご飯              ❀水ようかん

 
盛り付けも配膳も、幹事さんたちがやってくださいました。

次から次へと出てくる絶品料理に、笑顔と楽しい会話が止まりま
せんね♪






最後は、眞野さんの
伴奏に合わせて歌を
歌いました。

40人の合唱ともなる
と、やっぱり迫力が違
いますね!
合唱団のようなハー
モニーが素晴らしか
ったです☆

そして最後の曲は『』

「いつの日も 絶えることなく 友達でいよう」

一つの輪になり、皆さんの笑顔で萌黄祭はしめくくられました。


萌黄祭を企画、準備、進行してくれた幹事の皆さん、ありがとう
ございました!
そして2年間お疲れ様でした。

5月18日の下鴨基金総会で次期幹事さんが承認されます。
新しい幹事さんたちもまた、楽しい企画を発案してくれることで
しょう!
お楽しみに☆

     (田中、伊藤、小柳 記)






お散歩スケッチin嵐山

  • 2013.04.21 Sunday
  • 16:11
 今年最初のお散歩スケッチは嵐山へ行ってきました!


いつもより遠方ということで、今回は12:00に嵐電嵐山駅に集合。
始めに天龍寺から渡月橋のエリアを、色々な構図のパターンを
考えながら下見して回りました。

天龍寺は工事中だった為あまりいい構図が取れず、全員そろって
渡月橋を渡ったところに場所を決め、いざスケッチスタート!

…したのはいいのですが…
この日お天気は最高の快晴だったのですが、目を開けていられ
ないくらいの強風が終始吹き荒れていました。

あまりの寒さに1時間ほどでギブアップ。

でもせっかく嵐山に来たのだからと、残りは風よけのあるところで
事前に撮った写真を見て描いたり、他のところでいい構図を探し
たりと時間を過ごしていました。

ということで、今回は出来上がった絵は持てなかったのですが、
渡月橋をバックに恒例となった集合写真をパチリ☆


皆さん、寒い中お疲れ様でした!
また今度、嵐山リベンジしたいと思います!


尚、次週予定していた金戒光明寺は、境内スケッチ不可となって
しまったので、平安神宮・神泉苑に場所変更します。

(田中 記)

5月ご案内用スケッチ

  • 2013.04.18 Thursday
  • 19:21

桜は散ってしましましたが、その後続々とたくさんの花が咲き始め
ています。

5月ご案内用のスケッチは、4月下旬~5月が見頃かという、長岡
天満宮のキリシマツツジを描きました。

空と池の面積が多いので、いつもより早く仕上がりそうです。


まずは下描き。
輪郭線で手早く全体の雰囲気をつかみます。


建物も小さいので下描きはあっという間に完了!

ペン描きは手前から。
今回は0.05个離哀譟爾離撻鵑砲靴討澆泙靴拭
えんぴつでは描かなかった手すりや柱も細かく描きこんでいきます。


ペン描き完成!
色が薄いので、いつもより優しい感じです。



彩色は緑から。
主役のツツジは赤を目立たせたいので、バランスを見るために
後回しにしました。


赤色投入!
手すりは塗り残してみました。
奥の山は青味がかった薄い色で。


建物と木に陰影をつけます。
明るいところと影とのコントラストをしっかりつけることによって、より
立体感が生まれます。


池の映り込みは、たらし込み技法で一気に仕上げます。


完成☆☆
写真では曇り空ですが、ツツジがより引き立つ青空に変えました!
こういうことが出来るのがスケッチのいいところですよね。



(田中 記)

宇野さんのお料理教室

  • 2013.04.04 Thursday
  • 17:46
 今、京都はどこへ行っても桜が満開です☆
ALの海棠桜も、遅咲きとはいえ7分咲き程になってきていますので、
もうしばらくお花見が楽しめそうですよ。


さて、今月宇野さんのお料理教室は中華メニューとなりました!

まずはいつもの打ち合わせ。

火の通し方や切り方などについて、レシピには書いていない豆知識
やちょっとした技を伝授してくださいます。



各自の役割を決めたら
調理スタートです。

始まってしまえば、手際
よく流れるように出来上
がっていきます!










4Fに来る人が口々に、
「いいにおいね〜」「お腹すいてきちゃった」
と洩らすほど、食欲をそそるいい香りが漂ってきます・・・


もちろん片づけも同時進行で。

ものの30分ほどで出来上がってしましました!早い!
今回は中華ということで、大皿にたっぷり盛り付けました。


(手前から右回りに) ★厚揚げの春野菜あんかけ
              ★手羽中の砂糖煮
              ★豚肉とにんにくの芽炒め
              ★キャベツの和え物

土鍋で炊きあがったご飯もよそって・・・


いただきま−す☆


「回転するのがほしいわね〜」
と中華料理らしく、大皿を隣の人にぐるぐる回しながら自分の
お皿に取り分けていらっしゃいました(笑)



夕飯のおかずのレパートリーを増やしたいそこの方!
作って楽しい♪食べておいしい♪宇野さんのお料理教室に参加
してみませんか?^^


(田中 記)

3月31日 散歩気分でハイキング

  • 2013.04.01 Monday
  • 15:08
 朝、出発前の京都では結構激しい雨ふりでハイキングには悩むお天気でしたが、お昼間は曇りの天気予報を信じて「決行!」です。

 今回散歩気分で歩いたのは奈良の東位置する山々の裾野を南北に伸びる「山の辺の道」です。
 この道は史実に現れる最古の官道で、古墳や、社寺、旧跡、そして何よりも現代においては貴重なのどかな風景を湛えた素敵な道なのです。
 昨年の4月に前半の天理から長岳寺までの約7.5kmを歩き、後半のコースはその後計画するも天候に恵まれず、1年を経てようやく実現にいたりました。
conv0065.jpg
 おかげさまで、スタートのJR柳本駅に着いた時には雨も上がっており、眼前には靄(もや)がたなびく山々がお出迎えしてくれました。

 桜の満開宣言も出ている奈良で、歩く道々で桜の花に目が奪われます。(花がなくとも大きな古墳時代の前方後円墳など見どころはたくさんの『歴史街道』なのですよ)
 conv0066.jpg

 雪柳やレンギョウ、ボケ、桃、そして道中にぽつぽつ点在する家々もこの景色を愛しておられるのでしょう、とてもきれいにしておられ歩く皆さんの心はどんどんのどかになっていくのでした。
conv0069.jpg

 
 桜の木が立ち並ぶ少し高台。大和平野が広がる場所でお弁当を広げてしばしお花見。
conv0068.jpg

 山の斜面やちょっとした平地には果樹園や畑がたくさんあり、無人販売所が次々現れます。
 販売台には晩柑類や野菜、花などが並んでいて皆さん興味津々。重さには目をつぶって一つ、二つと道中お買い物にも忙しい。
conv0070.jpg

 今回のコースは約6キロなので、時間的にも余裕があり、そんな調子でゆっくりゆっくりのペースで歩いていますと、行きの電車で同じ車両に乗っておられた外国人の20人くらいの団体さんが私たちを抜かしていかれました。
 大野さんのお嬢さんが声掛けしてくださって、歩きながら少しおしゃべりをたのしみました。

conv0071.jpg皆さん日本を旅行中で、新幹線から見た冠雪を抱いた富士山のきれいさや、ハイキングを楽しんでいるなどお話が聞けて、そんなひと時の交流がいい思い出になりました。





桧原神社で私たちが先行、その後三輪大社までにまた追いつかれ、みなさん「サヨナラー」と先に行かれました。




conv0072.jpg

 
ゴールの三輪大社からほど近い展望台に上がるとそこからは大和平野、遠くに二上山などの葛城山系が。
 桜の後ろにどーんとあるのが三輪神社のご神体の三輪山です。

conv0067.jpg

 久しぶりに歩いた方、こんな距離を歩いたのは学生時代以降初めてという方もいらっしゃいましたが、皆さんケガもなくコースも踏破、お疲れ様でした。

 ★大野さんからは早速うれしいお便りもいただきました。

『昨日は最高の桜日和!

なんか懐かしい、気持ちが穏やかになる、良い道でしたねぇ〜

岸本さんのバワー

小竹さんの優しさ

池上さんの人生初の17000越えの歩行数etc

いっぱい元気をもらいました大大満満足』


 次回は4月29日(月・祝)、奈良の長谷寺方面を歩く予定です。
 詳しいコースは掲示板にて紹介していますので、興味のある方はご覧いただき、ぜひご参加ください。

               (小柳 記)

 
 

男の料理晩ご飯

  • 2013.03.25 Monday
  • 13:42
男の料理教室が行われました☆
お夕飯版ということで、土曜の16時から作り始めです。
今回はミーティングも少し長めでしょうか。
宇野さんのレクチャーの合間に次々に質問が

         



鰻を敷いて・・・
 
 アラ炊き用に鯛をきれいに・・・ 

       
          わかめ・・・どうなってるの??

        丁寧に包みます


 
   ~美味しそうなお料理を前に料理人さんから説明が~

         


そして出来上がったお料理がこちら★

 
  鯛のアラだき ごぼう添え    新キャベツとワカメのお浸し

  
    鰻豆腐の薄くずあん             蕗ごはん
  
      鯛の奉書焼               むきそば

奉書焼は字のごとく奉書紙で包み焼き上げたお料理。
一番下のエリンギをお皿のようにきれいに並べ、その上に鯛の切身、一番上にしいたけを乗せてあるそうです。
竹の皮で結んであるところも素敵ですよね。
焼きあがった後、結ぶのに手間取って慌てたと佐伯さんがおっしゃっていました(笑)

そして、聞きなれないお料理「むきそば」
こちらは宇野さんが用意してくださいました☆
山形の荘内地方の郷土料理で、茹でたそばの実の上に鶏そぼろと椎茸の甘煮、おねぎの小口切りと刻みのりがのっていて、お出汁をかけていただきます。
これを〆に食べると二日酔いにならないと言われているそうです。
そばの実がぷちぷちと香りよく口の中ではじけるようで、とても美味しい出会いでした☆


春の食材は色が綺麗ねぇというお声や、旬の鯛はさすがに油がのって美味しい!!など楽しい感想が飛び交う味わいの時間でした。
4月のお教室はお休み、次回は5月となります。
料理人さんも味わいに来られる皆さんも、どうぞお楽しみに☆


(いとう記)

4月ご案内用スケッチ

  • 2013.03.19 Tuesday
  • 19:58
 だんだんと上着がいらないような陽気の日が増えてきて、忙しなく
駆けてくる春の足音が聞こえるようです。
日本各地で春の嵐が吹き荒れていますが、ここ京都はさすが千年
の都というべきか、穏やかな天候がありがたいですね。


さて、そんな春爛漫の4月のスケッチに選んだのは、信州・長野市
のほど近く、高山村の枝垂れ桜です。


高山五大桜の一つ『水中の枝垂れ桜』と呼ばれるもので、樹齢は
推定250年だそうです!
遠くに広がる平野と山並みが桜をより引き立たせますね。


まずは鉛筆で下描きから。
上の横線までが写真と同じ比率の枠です。
写真だと桜のすぐ上で切れているので、空を広げて描きたいと思い
ます。

桜は大まかな輪郭線と太い主要な幹を形取ります。
枝垂れ桜だからと言って、下に垂れ下がる細い枝まで描く必要は
ありません。

下描きが出来たら手前にあるものからペン描きしていきます。

人物を描いた方が、桜の大きさがより際立ちます。

ペン描き完成☆

桜など、枝いっぱいに花がつく木は線で描くのが難しいです。
花の塊は色で表現するので、ペンでは描きこみすぎないようにします。
手前に伸びてくる花で隠されている幹や枝は、途切れ途切れにして
描いておきます。

色塗りは鮮やかな色から。
春の芽吹き始めた草を表現するために、いつもより黄味を強めに色を
作ってみました。


桜は淡~いピンクで。
大まかなタッチで枝垂れた花の塊を意識して。

遠景の山の色を、筆跡やたまりが残らないように花の間に入れていき
ます。
今回はマスキングはせずに、バックの針葉樹の色で桜の細かい花を
表現してみました。

桜の影や幹、枝を描きこんで完成☆☆

桜はピンクを濃く塗りすぎないのがポイントです。


京都では今にも開花しそうな勢いですが、この高山五大桜の見ごろは
4月後半からゴールデンウィークあたりだそうです。
(高山さくらについて興味のある方はこちらをクリック★)


桜前線を追って北上・・・なんて旅がいつかできたらいいですねぇ♪


(田中 記)

そばパーティ

  • 2013.03.12 Tuesday
  • 10:16
 年度末が近付いてきた今日この頃。
人間と同じように、お天気も5月並みの暖かさになってみたり、
10℃台の冷え込みに戻ったりと忙しなく変化しています。

少し日が空いてしまいましたが、先週8日(金)に催されたそば
パーティの模様をアップしたいと思います。

今回もいつもながらベテラン打ち手さんが美しいおそばを
仕上げてくださいました!






少し早めに到着された
梶川さんと福井さん
も、そば打ちの様子
を見学されていまし
た。







今回もたくさんのお酒が
勢ぞろいです。

そしてこの日は、しばらくの間休養されていた太田さんと
岸田さんが久しぶりのパーティに参加してくださったので
す!

お元気そうな姿を見られて本当に良かったです☆


美味しいおそばいと彩り豊かなお料理もご一緒に。
 
❀新子と三つ葉のみぞれ酢和え ❀揚げ豆腐の野菜あんかけ
 
❀おめでタイのねぎソース   ❀豆腐白玉の抹茶クリーム

各テーブル、おしゃべりにも花が咲きます♪


最後に3月がお誕生日の方のお祝いをしました。
今月は成田さんと野田さんのお二人でした!

福井さんのリードで『ハッピーバースデー』を皆さんで合唱♪



野田さんは最近、運動なしの
禁酒ダイエットに成功したそう
で、皆さんから「痩せたね〜」
と大注目でした^^









美味しいおそばと楽しいおしゃべりであっという間に時間は過ぎ
てしまいますね。

次回は18日(月)のポットラックそばです!
たくさんの方のご参加お待ちしています☆


(田中 記)



     

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM